Reuters logo
英消費者信頼感、8月は国民投票後の落ち込み取り戻す=GfK
August 31, 2016 / 2:12 AM / a year ago

英消費者信頼感、8月は国民投票後の落ち込み取り戻す=GfK

[ロンドン 31日 ロイター] - 市場調査会社GfKが公表したデータによると、8月の英消費者信頼感指数はマイナス7だった。欧州連合(EU)離脱を決めた6月の国民投票を受け、7月はマイナス12で26年ぶりの大幅な落ち込みを記録していたが、その一部を取り戻した。ただ依然として、2014年初め以来、2番目に低い水準となっている。

調査期間は8月1─16日。4日にはイングランド銀行(英中央銀行)が7年ぶりに利下げを実施していた。

GfKのジョー・ステイトン氏は「EU離脱をめぐる現実を見極める姿勢に消費者が落ち着いたため、指数が持ち直した」と指摘し、堅調な経済指標や歴史的に低水準の金利などに消費者信頼感が支えられているとの見方を示した。

向こう1年間の景況感はマイナス22で、7月のマイナス33から上向いた。1年前はプラス3だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below