July 18, 2018 / 11:05 AM / 3 months ago

英CPI、6月は前年比+2.4%で横ばい 来月の利上げ見通し後退

[ロンドン 18日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した6月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比2.4%となり、5月と変わらず、予想(2.6%)に反して伸びは加速しなかった。

 7月18日、英国立統計局(ONS)が発表した6月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比2.4%となり、5月と変わらず、予想(2.6%)に反して伸びは加速しなかった。写真はイングランド銀行、ロンドンで4月撮影(2018年 ロイター/Hannah McKay)

市場では来月の利上げ見通しが後退。CPIの発表を受けポンドは1.30ドルに向かって下落し、10カ月ぶりの安値を付けた。また、英10年物国債利回りは5月末以来の低水準となった。

投資管理会社フィデリティ・インターナショナルの投資担当ディレクター、トム・スティーブンソン氏は「物価の伸びが加速していれば英中銀による来月の利上げを援護していただろう。今回のCPIにより、金利が再び据え置かれる可能性が高くなったように思える」と述べた。

金融市場では、来月に英中銀が行動を起こす確率は約70%織り込まれており、CPI発表前の約80%から低下した。

6月のコアCPI上昇率は1.9%と、5月の2.1%から伸びが鈍化。ロイター調査での全ての予想を下回り、2017年3月以来の低水準となった。

製造業産出価格は3.1%上昇。伸び率は予想をやや下回ったものの、5月の3.0%からは拡大し、今年の最高水準となった。輸入品が多くを占める原材料価格が10.2%上昇した。

また、ONSによると、5月の英住宅価格は前年比3.0%上昇。伸び率は4月の3.5%から縮小し、13年8月以来の低水準となった。ロンドンの住宅価格は0.4%下落した。

一部アナリストの間では、6月は衣料品のほかコンピューターゲームや航空運賃など変動の激しい品目が軟調だったことで物価上昇が抑制されたとの見方が出ている。

ONSによると、衣料品は6月としては12年以来、前月比で最大の下落を示した。

一方、輸入が大部分を占める素材は前年比10.2%上昇と、約1年ぶりの大きな上昇となった。

エコノミストは「このところの原油高の影響がサプライチェーンを通して浸透すれば、インフレは短期的に上向く可能性がある」としている。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below