June 17, 2020 / 7:05 AM / 19 days ago

英CPI、5月は4年ぶりの低い伸び 原油安で燃料は過去最大の下落

[ロンドン 17日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した5月の消費者物価指数(CPI)は、前年比上昇率が2016年6月以来の低水準となった。新型コロナウイルスの流行で世界的に需要が落ち込み、原油価格が下落したことが影響した。

6月17日、英国立統計局(ONS)が発表した5月の消費者物価指数(CPI)は、前年比上昇率が2016年6月以来の低水準となった。英リバプールで4月撮影(2020年 ロイター/Phil Noble)

5月のCPIは前年比0.5%上昇、4月(0.8%上昇)から減速した。

エネルギー、食品、アルコール、たばこを除外したコアCPIは前年比1.2%上昇。4月は1.4%上昇だった。

エコノミストの予想は、CPIが前年比0.5%上昇、コアCPIは同1.3%上昇だった。

ONSの統計担当者は「原油価格がここ数カ月、大きく下げており、5月も引き続きガソリン価格が下落した」と述べた。

インフレ圧力の弱まりは、イングランド銀行(英中銀)が追加緩和しやすい環境をもたらす。ロイターのエコノミスト調査では、英中銀がは18日の金融政策委員会(MPC)で、債券買い入れ枠を1000億ポンド拡大するとの予想が大勢。

パンテオン・マクロエコノミクスのサミュエル・ツームズ氏は、年内のインフレ率はゼロ近辺で推移すると予想。「極度に低いインフレ見通しからみて、MPCが明日債券買い入れの拡大を公表するのは妥当」との見方を示した。

資産運用会社プレミア・ミトンの最高投資責任者(CIO)、ニール・ビレル氏は「インフレは当面、英中銀を心配させる要因ではない。中銀が懸念するのは成長のほうだ」と述べた。

5月は、燃料・潤滑油価格が前年比16.7%下落と過去最大の下落率を記録。衣料は前年比3.1%下落で2010年7月以来の大幅な値下がりとなった。

5月の英生産者物価産出指数は、前年比1.4%低下。4月(0.7%低下)から予想(0.9%低下)以上に下げが加速した。

*さらに内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below