December 25, 2017 / 5:52 AM / 4 months ago

アングル:人気の英ネット銀、顧客データ活用の収益モデル追求

[ロンドン 21日 ロイター] - 英国でデジタルアプリケーションを通じてサービスを提供するモンゾ・バンクなどのネット銀行各行は、顧客への融資よりも他の企業に顧客へのアクセスを認めることで利益を稼ぎ出す手法を追求している。だが、そうした手法で利益を確保できるかは、まだ検証されていない。

 12月21日、英国でデジタルアプリケーションを通じてサービスを提供するモンゾ・バンクなどのネット銀行各行は、顧客への融資よりも他の企業に顧客へのアクセスを認めることで利益を稼ぎ出す手法を追求している。写真はモンゾのカード。モンゾ提供写真(2017年 ロイター)

モンゾの利用者数は今年の9カ月間で300%急増して45万人となった。これが投資家を引き寄せ、企業価値は2倍余り上昇して3億3600万ドルと評価されている。

こうした成長はコストを伴う。モンゾは海外での現金引き出し手数料を無料としていることもあり、最近まで顧客1人当たりの損益が50ポンド(67ドル)の赤字となっていた。

モンゾのトム・ブロムフィールド最高経営責任者(CEO)はロイターに「成長するほど損失が拡大する。ある時点で転換する必要がある」と述べ、顧客1人当たりの損益を黒字転換する意向を示したが、具体的な収益目標には言及しなかった。

モンゾやスターリング・バンクなどのネット銀行は大方、従来型銀行の収益源である融資は手掛けておらず、オーバードラフトや外国為替取引に対する高い手数料も課していない。

新興勢力の銀行にとって、こうしたコストを吸収するのは容易ではない。だがネット銀行勢は、顧客データを活用して他の金融サービスに展開を広げるという新たなビジネスモデルから利益を稼ぎ出せると考えている。

新たな規制により大手銀行の支配力が低下するとともに、規制の強化と競争の激化で利益が分散化する中、こうした手法が成功すれば、ネット銀行が大手銀行のリテール事業の利益を侵食することができる。

<市場>

デジタルでサービスを提供する銀行は、リアルタイムの支出分析や資金の利用状況に関する通知の送信に加え、1回のクリックでカードの利用を凍結したり凍結を解除できる仕組みなど、使いやすいアプリを売りにしている。

だがネット銀行にとって、顧客の生活の中心になれるかどうかが、適切な商品を案内するのに必要なデータにアクセスするための鍵となる。

スターリング・バンクのアン・ボーデンCEOは「人々の金融面の営みで重要なのは、どこにデータがあるかだ」と語った。

ネット銀行のアプリには提携先企業のサービスが結び付き、融資や投資から保険やエネルギーに至るサービスの「市場」が形成され、顧客が提示されたサービスに署名した時点で銀行に手数料が支払われる。

ネット銀行は程度の差こそあれ、こうした収入源に依存している。

この手数料収入について、ボーデン氏はスターリング・バンクの収入全体の約3割強を占めると説明。モンゾのブロムフィールド氏は、長期的には主要な収入源になると予想している。同氏は「そうした仕組みを実際に働かせるには、非常に大きな規模とデータへのアクセスが必要になることが、難題として挙げられる」と話した。

調査会社グッドボディで英銀調査部門を率いるジョン・クローニン氏は、他行も同様の戦略を追求する中で、その取り組みを成し遂げるのが難しいと語った。

ヴァージン・マネー(VM.L)もこうした市場の構築を計画しており、HSBC(HSBA.L)は資金運用のアプリの試験的導入を進めている。顧客データの共有を義務付ける新たな規制に対応して、他の大手行も追随する見通しだ。

<成長に伴う苦痛>

ネット銀行は支店を持たず、デジタルのみでサービスを提供するため、コストを格段に低く抑えることができる。

それでもネット金融サービスを手掛けるリボルートは、市場の手数料から得られる資金だけでは、目標とする規模を達成できないと考えている。同社は120万人の顧客を抱え、企業価値は3億ポンドと評価されている。

リボルートはプレミアム顧客とビジネス顧客の契約により2016年に売上高が236万ポンドとなり、オーバードラフトや融資も提供する計画だ。2018年末までに収支は損益分岐点を突破できると予想している。

スターリング・バンクも1年遅れで同様の目標を達成する計画を打ち立てている。ボーデンCEOによると、オーバードラフトの金利が収入の3割強を占めている。

モンゾも現在、オーバードラフトを本格導入しており、融資商品の導入も検討している。

KBWのマネジングディレクター、エドワード・ファース氏は、大手銀行がリテール業務から稼ぎ出す利益は、ネット銀行によって半分に引き下げられ、それでもネット銀行には十分な利益になると指摘。こうした収入が市場を補足するビジネスモデルに自信を強めているが、「まだ検証されていない」と話した。

モンゾは既に顧客1人当たりのコストを半減させているが、海外での現金引き出しなどに関するサービスを縮小している。

同社は現在、収入が増え始めている。ブロムフィールド氏は、市場の役割が一段と重要になるとみているが、「本格展開できるまでは確実に把握するのは難しい」と語った。

(Emma Rumney記者)

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below