February 18, 2019 / 3:35 AM / in a month

英議会の委員会、フェイスブックなどネット大手への監視強化訴える

 2月18日、英議会の委員会は報告書で、米フェイスブックをはじめとするネット大手に対して法的強制力を持つ倫理規定を制定し、偽ニュースの拡散や利用者情報の悪用、中小規模企業への弱い者いじめを阻止すべきだと提言した。写真はボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで昨年3月撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 18日 ロイター] - 英議会の委員会は18日公表の報告書で、米フェイスブック(FB.O)をはじめとするネット大手に対して法的強制力を持つ倫理規定を制定し、偽ニュースの拡散や利用者情報の悪用、中小規模企業への弱い者いじめを阻止すべきだと提言した。

報告書をまとめたのは下院デジタル・文化・メディア・スポーツ委員会で、ネット大手は自社サービス上の有害コンテンツや偽情報の阻止に有効な手段を講じていないと指摘した。

ダミアン・コリンズ委員長は不十分な自主規制の時代を終わらせるべきだと強調した。

「議会が法制化した行動規範にハイテク企業が従うことを義務付け、独立規制当局が監視を担うことで、市民の権利を法律で確立させる必要がある」と述べた。

同委が18カ月間実施した調査では、英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)への利用者情報流出問題が浮上したフェイスブックが特に注目された。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は昨年、この問題について「信頼を裏切った」として陳謝したが、英議会で証言することは3回拒否している。

コリンズ委員長は「ザッカーバーグ氏はリーダーシップと個人としての責任感において、世界最大規模のトップに期待すべき水準に達していないことが常に示されている」と批判した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below