Reuters logo
英印財務相、ブレグジット後の新たな関係に前向きな姿勢表明
2017年4月5日 / 04:12 / 8ヶ月後

英印財務相、ブレグジット後の新たな関係に前向きな姿勢表明

[ニューデリー 4日 ロイター] - 英国のハモンド財務相とインドのジャイトリー財務相は4日、英国の欧州連合(EU)離脱に備え会談し、新たな貿易関係を発展させる考えを表明した。

 4月4日、英国のハモンド財務相(写真右)とインドのジャイトリー財務相(左)は、英国の欧州連合(EU)離脱に備え会談し、新たな貿易関係を発展させる考えを表明した。写真は共同会見に臨む両財務相。ニューデリーで撮影(2017年 ロイター/Altaf Hussain)

EUへの正式な離脱通知から数日後にインドを訪問したハモンド財務相は、欧州単一市場へのアクセスを失う「ハードブレグジット」リスクを重要視しない姿勢を示した。

同相は、会談後の記者会見で「われわれはEUと深く特別な関係を築きたい。英・EU加盟国間の貿易・投資の継続を可能にするとともに英国が世界各国との関係を再構築できるような関係だ」と語った。

一方、ジャイトリー財務相も「英国は離脱後にインドとの異なるレベルの関係を目指している。インドにもそうした関係を高め、改善させる強い意欲がある」と表明した。

共同声明によると、両国はインドの国家インフラ投資基金の下、エネルギー・再生可能エネルギーに投資する共同基金にそれぞれ1億2000万ポンド(1億4900万ドル)出資する協定を結んだ。

両氏はまた、ロンドン市場でのインド企業によるルピー建て債券(マサラ債)の発行を促す取り組みなどについても協議した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below