January 10, 2018 / 10:33 AM / 9 days ago

英鉱工業生産指数、11月は前月比+0.4%に加速

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が10日発表した11月の鉱工業生産指数は前月比で0.4%上昇し、10月の0.2%から上昇率が加速した。

前年比では2.5%の上昇。ともにロイター調査のエコノミスト予想(前月比0.3%上昇、前年比1.8%上昇)を上回り、2017年末にかけて英国の経済成長に大きく寄与したもようだ。

ただ、建設は足を引っ張る要因になった可能性が高い。

英国では、欧州連合(EU)離脱決定後のポンド安に起因するインフレ上昇を背景に消費者心理が悪化し、経済成長率は昨年1─9月に鈍化した。

その一方で、輸出企業はポンド安やユーロ圏経済の好転の恩恵を享受している。

ドイツが9日に発表した11月の鉱工業生産は大幅上昇し、輸出も増加。昨年と今年の独経済は英国を上回るペースでの成長が予想されている。

英鉱工業生産統計では、同セクターの大半を占める製造業が好調で、11月まで3カ月間の製造業生産指数は前年同期比3.9%上昇と、2011年3月以来の大幅上昇を記録した。

ONSの統計専門家、オーレ・ブラック氏は「製造業全般で力強く広範な伸びがみられ、とりわけ再生エネルギープロジェクト、輸出向けの自動車、船舶、航空機が顕著に増加した」と指摘した。

ただ、建設部門の生産は11月までの3カ月間に前3カ月間との比較で2.0%減少した。2.0%の減少率は2012年8月以来の大きさ。

また、同時に発表された11月の英貿易収支は122億3100万ポンドの赤字で、赤字幅は5カ月ぶりの高水準だった。エコノミストは107億ポンドの赤字を予想していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below