January 18, 2018 / 8:20 AM / 10 months ago

コラム:英建設大手破たん、公共事業の民間委託のリスク露わに

[ロンドン 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 英建設大手カリリオン(CLLN.L)は新規資金が確保できず、強制清算の手続きに入ったが、英政府は公共プロジェクトの主要な発注先である同社の救済を賢明にも見送った。しかし破綻に伴う混乱収拾の過程で、公共事業の民間委託のリスクについて多くの疑問が露わになりそうだ。英政府は公共事業における民間活用の真価が問われる。

 1月15日、英建設大手カリリオンは新規資金が確保できず、強制清算の手続きに入ったが、英政府は公共プロジェクトの主要な発注先である同社の救済を賢明にも見送った。ロンドン中心部の建設現場で16日撮影(2018年 ロイター/Simon Dawson)

カリリオンは刑務所の補修を請け負っているほか、HS2高速鉄道路線など大規模なプロジェクトを手掛けているが、先週末の交渉で資金が確保できなかった。政府は清算手続きをプライスウォーターハウスクーパース(PwC)に任せ、混乱を最小限に抑えると約束した。

サンタンデール(SAN.MC)、HSBC(HSBA.L)、バークレイズなど債権銀行は計9億ポンド強の債権を抱えている。今後は価値があるかもしれない契約案件や1億4400万ポンドしかない物的資産の売却代金を巡り、年金規制当局とやり合うことになる。

政府は債務保証や赤字契約の解消を通じ、カリリオンを救済すべきだとの圧力もあったが、閣僚らがこれを退けたのは正しい。それでも、同社の破綻で政府は厳しい立場に置かれるだろう。第1に、政府はカリリオンの手掛けていた事業を継続するため緊急に資金を提供するが、その規模は明らかになっていない。資金の返済方法や提供の条件も不透明だ。

第2に、カリリオンの事業が混乱なく他の業者に移管できるかどうかは今後の課題となる。採算の取れない一部の事業は業者の選定手続きがやり直しとなり、納税者の負担が増す恐れがある。

第3に、カリリオンが短期間で破綻に追い込まれたことで、政府から公共プロジェクトの建設やメンテナンスを請け負っている他の業者の信用が揺らぎそうだ。建設のバルフォア・ビーティ(BALF.L)とガリフォード・トライ(GFRD.L)は15日、アバーディーン郊外に自動車バイパス道路を建設するカリリオンとの5億5000万ポンドの合弁事業で最大8000万ポンド資金が不足するとの見通しを示した。バルフォア・ビーティは、最大4500万ポンドの現金流出の可能性があると表明。銀行団はカリリオン破綻に伴う損失に対応するため、他の公共事業請負業者への資金提供を絞るかもしれない。

最後に、英政府は公共事業の民間活用における金融リスクの把握能力が疑問視されるだろう。政府は昨年夏、既にカリリオンの資金繰り悪化が表面化していたにもかかわらず、同社をHS2プロジェクトの発注先に選定した。もっとも、もしこの時点でカリリオンをプロジェクトから外していても同社の破綻が早まっただけだろうが。

公共事業を巡っては、民間に任せるのではなく政府の関与が大きい方が割安でリスクも小さいとの声が根強い。カリリオンの破綻でこうした主張が勢い付くのは間違いない。

●背景となるニュース

*カリリオンは15日、強制清算の手続きに入った。取引銀行が追加融資を拒んだため。同社は英政府にとって最も重要な事業請負業者の1つで、経営破綻により建設プロジェクトなど数百の案件の先行きが不透明になった。

*カリリオンのフィリップ・グリーン会長は「事業計画を支える資金の確保がこの数日で不可能となり、遺憾ながら今回の決断に至った」と述べた。同社の職員や下請け業者、サプライヤーなどが運営する公共サービスについては、政府が運営継続に必要な資金を提供するという。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below