November 18, 2019 / 1:54 AM / 22 days ago

英、不動産の新規販売件数が急減 ブレグジットと総選挙で=調査

 11月18日、英不動産サイトのライトムーブの調査によると、11月9日までの4週間の不動産の新規販売件数は前年同期比14.9%減と、2009年8月以来の大幅な減少を記録した。写真はロンドンの住宅街。5月15日撮影(2019年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 18日 ロイター] - 英不動産サイトのライトムーブの調査によると、11月9日までの4週間の不動産の新規販売件数は前年同期比14.9%減と、2009年8月以来の大幅な減少を記録した。欧州連合(EU)離脱と12月の総選挙が新規販売の阻害要因となっている。

ライトムーブのディレクター、マイルズ・シップサイド氏は「私の40年間のキャリアで不動産市場に影響を及ぼす異例のイベントを多く目にしてきたが、ブレグジット(EU離脱)期日があり、その6週間後に前倒し総選挙という組み合わせは言うまでもないが前例がない」と述べた。

ジョンソン英首相はブレグジットを巡る行き詰まり打開に向けて12月12日の総選挙を提案し、議会に承認された。一方、離脱期日は10月31日から1月31日に延期された。[ID:nL3N27E4SY]

ライトムーブは、不動産の販売を見送っている人の一部は、次期政権が不動産取引にかかる印紙税を見直し、新築住宅購入価格を押し下げるかどうかを見極めたいと考えている可能性があると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below