September 3, 2019 / 12:01 AM / 17 days ago

英小売売上高、8月は前年比横ばい EU離脱控え低調

9月3日、英小売協会(BRC)が発表した8月の小売売上高は前年同月比で横ばいとなった。写真はロンドンのウエストエンドの買い物客。2018年12月撮影(2019年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 3日 ロイター] - 英小売協会(BRC)が3日発表した8月の小売売上高は前年同月比で横ばいとなった。英国の欧州連合(EU)離脱を前に消費者は生活必需品以外の購入を控えたとみられる。

7月は0.3%増と、同月としては1995年の統計開始以来最低の伸びを記録。8月までの12カ月の平均増加率も0.4%と同じく最低の伸びにとどまった。

BRCのヘレン・ディキンソン最高責任者は「経済と政治の不透明感拡大が消費者需要を押し下げた」と指摘。「夏の気候で食品販売が多少押し上げられたが、食品以外の落ち込みがこれを打ち消した」という。

エコノミストは、最近の家計消費減退の兆候は、英国がリセッション(景気後退)入りするリスクを高めていると分析する。

8月の既存店売上高は前年同月比0.5%減だった。

これとは別に、バークレイカードが発表した8月の消費支出は前年同月比1.3%増と、昨年8月の4.5%を大幅に下回る伸びとなった。一方、ディスカウント店での支出は8.0%増と大幅に伸びており、消費者の慎重な姿勢を物語っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below