November 22, 2019 / 3:07 AM / 19 days ago

サッカー=モウリーニョ新監督、トットナムでの指揮に意欲

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムのジョゼ・モウリーニョ新監督が21日に記者会見に出席し、意気込みを語った。ミラノで9月撮影(2019年 ロイター/Flavio Lo Scalzo)

[ロンドン 21日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムのジョゼ・モウリーニョ新監督(56)が21日に記者会見に出席し、意気込みを語った。

トットナムは19日にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督を解任。プレミアリーグでチェルシーとマンチェスター・ユナイテッド(マンU)を指揮した経験のあるモウリーニョ氏が後任に就いた。

トットナム指揮官として初めての記者会見に臨んだモウリーニョ監督は、現在のチームに満足していて大きな変化を加える意向はないとし、「人々を助けるためにここに来た。選手たちが試合で負けた時に悔しさを感じるよう促したい。試合に負けても喜んでいるようでは、キャリアのなかで勝者になるのは難しい」とコメント。

これまでにチェルシー、マンU、レアル・マドリード(スペイン)やインテル(イタリア)などで20個の主要タイトルを手にしてきた同監督は、「全て(のクラブ)で全力をささげてきたので、ここでもそうする。完全に自分の全てをささげる」と述べ、「今季のプレミア制覇は無理だが、来季は優勝できる」と意欲を見せた。

昨季は欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝でリバプール(イングランド)に敗れて惜しくも準優勝に終わり、今季は現在リーグ戦で14位に沈んでいるトットナム。これまでに通算17個の主要タイトルを獲得しているが、最後にリーグ制覇を果たしたのは1961年で、最も新しいトロフィーも2008年リーグカップのものとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below