December 11, 2018 / 10:15 AM / 2 months ago

英賃金、8─10月は前年比+3.3% 10年ぶりの大幅増

 12月11日、英国立統計局(ONS)が発表した8─10月の平均週間賃金(ボーナスを含む)は、前年比3.3%増と、2008年5─7月以来約10年ぶりの大幅な増加を記録した。写真はポンド紙幣、2016年3月撮影(2018年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 11日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した8─10月の平均週間賃金(ボーナスを含む)は、前年比3.3%増と、2008年5─7月以来約10年ぶりの大幅な増加を記録した。

英国は欧州連合(EU)離脱を控えているが、労働市場が引き続き好調なことが浮き彫りとなった。

予想中央値は3.0%増だった。

8─10月の平均週間賃金(ボーナスを除く)も前年比3.3%増と、2008年末以来の大幅な伸びを記録。

8─10月の失業率は4.1%と、1970年代以降の最低水準に迫っている。

賃金の上昇ペースは、金融危機前の4%を引き続き下回っているが、インフレを調整した実質ベースでは1.1%と、2016年末以来の高水準に達している。

8─10月の就業者数は7万9000人増。ロイターがまとめたすべてのアナリスト予想を上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below