November 20, 2019 / 3:58 AM / 22 days ago

マッチ棒で楽器制作、ウクライナの男性がギネス記録目指す

 ウクライナに住むボグダン・センチュコフさんは、マッチ棒を使って多くの楽器を制作し、ギネス世界記録の樹立を目指している。写真は7日撮影(2019年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

[ZHASHKIV(ウクライナ) 19日 ロイター] - ウクライナに住むボグダン・センチュコフさん(29)は、マッチ棒を使って多くの楽器を制作し、ギネス世界記録の樹立を目指している。

これまでにギター、アコーディオン、バイオリン、ドラムなど15の実物大の楽器が実際に楽団で使用され、センチュコフさん自身もベース楽器を演奏する。

センチュコフさんは学生の時に趣味としてマッチ棒を使っていろいろなものを作り始めた。コンピューターゲーム「ワールド・オブ・タンクス」に登場する戦車やミニチュアのエッフェル塔などを手掛けてきたが、情熱を感じるのは楽器作りだ。

最も大変なのは、時に10時間以上作業し続けることが必要なことだと話す。例えばバイオリンやギターの一部は、一気に仕上げないと形が崩れてしまうという。

現在ではウクライナの工場がセンチュコフさんにマッチ棒を提供している。

センチュコフさんは既に3つの国内記録を保持しており、現在はマッチ棒でできた楽器の世界最多記録を持つと証明するため、証拠を集めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below