for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ、安保理緊急会合要請へ ロシア軍の攻撃で広範な停電

[キーウ(キエフ) 23日 ロイター] - ウクライナ全土のエネルギー施設が23日、ロシア軍のミサイル攻撃を受け、北部キーウ州およびチェルニヒウ州全域で停電などの被害が発生している。隣国モルドバの半分の地域でも停電が起きているという。

ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍による発電施設に対する攻撃について討議するため、国連安全保障理事会の緊急会合の開催を要請すると表明。「民間人の殺害と民間インフラの破壊はテロ行為だ。ウクライナはこうした犯罪に対し断固として対応するよう、世界に要求し続ける」と述べた。

キーウのクリチコ市長は23日、キーウの8割の世帯で電力と水が失われたと指摘。当局が可能な限り迅速に復旧に取り組んでいるとした。

これに先立ち、キーウの地元当局者は同州全体が停電に見舞われ、一部では断水も起きていると発表。ウクライナの多くの地域でも同様の問題が発生した。

キーウ州のクレバ知事によると、少なくとも4人が死亡、34人が負傷し、そのうち5人は子どもだという。

ウクライナ国防省はツイッターで全体の死者数は6人と発表した。

ウクライナ国防軍の司令官によると、23日にロシア側の巡航ミサイル67発のうち51発を撃墜。キーウに対してはミサイル30発が発射され、うち20発を撃ち落としたという。

首都キーウと周辺にいるロイターの記者によると、複数の爆音が聞こえた。

また、西部リビウなどでは緊急の計画停電が実施された。

ウクライナ国営原子力会社エネルゴアトムによると、ミサイル攻撃による停電によって南部の原発施設では装置が停止したものの、施設内は正常な状況という。地元関係者によると、西部の原発では稼働がストップしているという。

また当局者によると、南東部ザポロジエ州ビリニャンスクの産科病院もロシア軍のミサイル攻撃を受け、新生児が死亡した。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up