for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU、ロシアへのクラウド提供禁止を検討 追加制裁で=関係筋

6月9日、欧州連合(EU)がロシアに対する新たな制裁の一環としてクラウドサービスの提供禁止を検討している、とEU当局者が明らかにした。技術的に複雑な措置とも指摘した。写真はEUとロシアの旗と制裁のイメージ。2月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[ブリュッセル 8日 ロイター] - 欧州連合(EU)がロシアに対する新たな制裁の一環としてクラウドサービスの提供禁止を検討している、とEU当局者が8日明らかにした。技術的に複雑な措置とも指摘した。

欧州の主要クラウドプロバイダーはアマゾン・ドット・コムやグーグル、マイクロソフトなどの米国企業であり、EUによる禁止がロシアにどのような影響を及ぼすかは不透明。

EUは先週、ロシアとベラルーシに対する追加制裁を正式に承認。石油禁輸やロシアの銀行に対する制限措置などをが盛り込まれた。

欧州理事会がこの制裁パッケージについて3日に公表した記者発表の原案では、クラウドサービスの提供禁止にも言及していたが、その後の修正によって削除され、EU官報に掲載された法的文書には盛り込まれていない。

欧州理事会の報道官は、原案でクラウドサービスへの言及があったのは「重大な誤り」だったとした。

制裁に関する決定に詳しいEU当局者によると、欧州委員会はクラウドサービスを対象とした措置を提案していない。ただ、EUは今後実施する可能性のある追加制裁で、この措置を盛り込むことに取り組んでいるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up