for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独アリアンツやスイス再保険、ロシア事業縮小

3月14日、独保険大手アリアンツとスイス再保険は、ロシア事業を縮小すると発表した。写真はチューリヒのスイス再保険本社。2019年2月撮影(2022年 ロイター/Arnd WIegmann)

[フランクフルト/ロンドン/チューリヒ 14日 ロイター] - 独保険大手アリアンツとスイス再保険は14日、ロシア事業を縮小すると発表した。

ロシアのウクライナ侵攻と西側の対ロシア制裁発動を受け、金融機関ではドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェースなどもロシア事業の縮小や撤退を表明している。

アリアンツはロシアで保険の新規契約を停止したほか、自社ポートフォリオ内でロシアへの投資を行わない方針を示した。

スイス再保険はロシアとベラルーシの顧客を対象にした新規契約を受け付けず、ロシアの顧客との既存契約の更新も行わないとした。

両社の対応は、エネルギー設備などの大型プロジェクトをカバーしている他の欧州の保険・再保険大手に追随した動き。

スイスの保険会社チューリッヒ保険の広報担当者は14日、ロイターに対し、ロシア国内の新規顧客を引き受けず、既存の契約者を相手にした事業も更新しないと明らかにした。

ドイツのハノーバー再保険も先週、ロシアとベラルーシの顧客向けの新規契約と更新を保留にしていると発表。イタリアの保険大手ゼネラリは今月、ロシアから撤退すると表明している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up