for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米独首脳、ロシアにウクライナ国境からの部隊撤収を要求

 ドイツのメルケル首相(写真)とバイデン米大統領は電話で会談し、ウクライナ国境から軍の部隊を撤収するようロシアに要求した。写真はベルリンで13日代表撮影(2021年 ロイター)

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツのメルケル首相とバイデン米大統領は電話で会談し、ウクライナ国境から軍の部隊を撤収するようロシアに要求した。ドイツ政府のザイベルト報道官が14日、明らかにした。

ロシアとウクライナはこの日、それぞれ軍事演習を実施。一方、北大西洋条約機構(NATO)加盟国の外相と国防相は、ロシアのウクライナ国境付近での軍増強に関する緊急協議を開始した。

バイデン、メルケル両氏は電話会談で、ウクライナ東部の情勢を協議し、「ロシアは緊張を緩和するために最近増強した部隊を縮小する必要があるという点で一致した」(ザイベルト氏)という。

米ホワイトハウスは声明で、両首脳が「ウクライナ国境沿いと占領下にあるクリミアでのロシア軍増強に懸念を表明し、ウクライナの主権と領土保全への支持を再確認した」とした。

一方、トルコの外交筋は同日、米国が黒海へ艦艇2隻を派遣することを取りやめたと述べた。在トルコ米大使館がトルコ外務省に艦艇派遣の取りやめを通知したが、理由は説明しなかったという。

トルコのアナトリア通信はその後、米艦船を後日派遣する可能性について新たな通知はないと報じた。

複数の米当局者は、トルコが最初の通知について誤解した可能性があり、派遣は確定していなかったと述べた。黒海で航行する可能性についてトルコに通知することはよくあるが、実際に航行するという意味では必ずしもないと説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up