for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ、週内の穀物輸出再開望む 先週の合意受け=当局者

[キーウ(キエフ) 25日 ロイター] - ウクライナ政府当局者は25日、先週のロシアとの穀物輸出を巡る合意の下、週内に輸出を再開したいとの考えを示した。

ロシアとウクライナは22日、ウクライナに滞留する穀物の輸出再開に向けた合意文書に署名。仲介役を務めた国連のグテレス事務総長とトルコのエルドアン大統領は、世界的な食料危機緩和への一助になるという認識を示した。

政府当局者はキーウ(キエフ)で行った記者会見で、同合意に基づく穀物輸出が週内にオデーサ(オデッサ)州のチョルノモルスク港から再開され、2週間以内に合意に含まれる全ての港からの輸出が再開できるよう望んでいると述べた。

クブラコフ・インフラ相は記者会見で、黒海の港湾施設から輸出が再開されれば、毎月少なくとも10億ドルの収入が得られるとの見通しを示した。

ただ、ロシアは合意署名の翌日の23日にオデーサ港をミサイルで攻撃。クブラコフ氏はこれについて「主なリスクであり、市場が脅かされる可能性があることは理解している」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up