for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア、黒海艦隊攻撃の報復としてウクライナ各地にミサイル=プーチン氏

[31日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は31日、クリミア半島セバストポリ近郊の黒海艦隊が攻撃されたことを受け、この日にウクライナ各地に対するミサイル攻撃を行ったと述べた。

31日の攻撃はロシアが行えることの全てではないとし、一段の攻撃実施を示唆した。

ロシアは29日、ウクライナがクリミア半島に大規模なドローン攻撃を仕掛けたことが理由として、国連が仲介した黒海経由のウクライナ産穀物輸出合意への参加を停止。

ただプーチン氏はこの日の記者会見で、ロシアは参加を中断しただけで、参加を終了させてはいないと述べた。

このほか、天然ガスの供給ハブを比較的容易にトルコに設置できるとの考えを示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up