for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米副大統領、東欧訪問でロシア対応策の「次の段階」協議へ

 3月8日、ハリス米副大統領(写真)は10日からポーランドとルーマニアで首脳らと会談し、ロシアのウクライナ侵攻への次の段階の対応について協議するほか、改めて米国の支援を約束する見通し。写真はアラバマ州 で6日撮影(2022年 ロイター/Alyssa Pointer)

[ワシントン 9日 ロイター] - ハリス米副大統領は10日からポーランドとルーマニアで首脳らと会談し、ロシアのウクライナ侵攻への次の段階の対応について協議するほか、改めて米国の支援を約束する見通し。

ポーランドとルーマニアは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国で最東端に位置し、ウクライナと国境を接している。ウクライナから多数の避難民が両国に入っている。

ハリス副大統領は訪問中に、NATO加盟国がどのように対ロシア経済制裁を実施できるかや、いかに結束を維持して前進するかについて、主に議論したい考え。複数の米政権高官が明らかにした。

ポーランドにいるウクライナ避難民との対話も実施する。

ポーランドの首都ワルシャワでは同じく東欧歴訪中のカナダのトルドー首相との会談も予定されている。

米国は8日、ウクライナの空軍力を強化することを視野に、自国軍の戦闘機を在ドイツ米軍基地に移す用意があるとしたポーランドの提案を拒否した。

米政権高官らによると、ウクライナを安全保障面で支援する最適な方法については、今後も協議を継続する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up