for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「汚い爆弾」製造の兆候確見られず、ウクライナ3施設=IAEA

The logo of the International Atomic Energy Agency (IAEA) is seen at their headquarters during a board of governors meeting, amid the coronavirus disease (COVID-19) outbreak in Vienna, Austria, June 7, 2021. REUTERS/Leonhard Foeger

[ウィーン 3日 ロイター] - 国際原子力機関(IAEA)は3日、ウクライナ国内3施設で行った査察で、未報告の核活動が行われていた兆候は確認されなかったと明らかにした。

ウクライナが放射性物質をまき散らすことを目的とした「汚い爆弾」を製造しているというロシアの非難に対応するためにウクライナが調査を要請していた。

IAEAは声明で「過去数日間で査察官はIAEAが計画していた全ての活動を実施することができ、査察場所への自由なアクセスが与えられた」と指摘。「これまでに行われた技術的・科学的評価では、これら3施設での未報告の核活動・物質の兆候は示されていない」とし、採取した環境サンプルを今後分析する計画とした。

IAEAによると査察場所はキーウ(キエフ)の原子核研究所、ジョーウチ・ヴォーディの東部採掘・加工工場、ドニプロ(ドニエプル)の機械製造工場。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up