for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ザポロジエ原発、安全巡る緊急の懸念なし 被害は広範=IAEA

[ウィーン 21日 ロイター] - 国際原子力機関(IAEA)は21日、週末の間に砲撃があったウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所をIAEAの専門家が視察し、同原発は広範な被害を受けたものの、原子力安全に関する差し迫った懸念はないとの見解を示したと明らかにした。

IAEAは声明で「激しい砲撃にもかかわらず、主要な機器は無傷であり、原子力安全やセキュリティに関する緊急の懸念はないと確認した」と表明。「原子炉6基の状態は安定しており、核貯蔵施設内の使用済み燃料、新たな燃料、低・中・高レベルの放射性廃棄物の完全な状態が確認された」とした。

ただ「敷地全体にわたる広範な被害」があったとし、原子炉に沿った幹線道路への複数の衝撃や、加圧空気パイプラインへの破片の衝突、スプリンクラー充電パイプラインへの目に見える小さな損傷、原子炉補助建屋と呼ばれる建物の屋根の損傷などを指摘した。

グロッシ事務局長は声明で「世界最大の原発に対する攻撃の激しさを明確に示しており、大きな懸念材料だ」とし、保護区域設置に向けた「協議を強化する」とした。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up