for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ情勢、「米は要求考慮せず」とロシア 対話継続には余地

[モスクワ/ワシントン 27日 ロイター] - ロシアは27日、ウクライナ情勢を巡るロシア側の安全保障上の主要な懸念に対し、米国が対処する意図がないのは明らかだとの見解を示した。ただ、双方とも対話継続の余地を残した。

米国と北大西洋条約機構(NATO)は26日、ロシアが提示した安全保障に関する要求に書面で回答した。

これを受けてロシアのぺスコフ大統領報道官は27日、回答の分析には時間が必要で、結論を急がないとしながらも、米国とNATOがロシアの主要な要求は受け入れられないと発言していることを踏まえれば楽観する余地はほとんどないと指摘。

「(米・NATO高官の)昨日の発言に基づけば、主要な分野でわれわれの考えが考慮された、あるいは懸念を考慮する意思が示されたと言えないのは明らかだ」と述べた。ただ「われわれは評価を急ぐつもりはない」とも語った。

ペスコフ氏の発言は、ロシアが米国とNATOの回答を直ちに拒否せず、外交の扉を閉じていないことを示した。米政府も、ロシアが米欧の回答を精査した上で協議を再開することを望むとした。

ヌランド米国務次官(政治担当)は記者団に対し「われわれは外交を望む立場で結束している。だが、ロシアが対話の申し出を拒否すれば迅速かつ重大な代償を課すという決意でも結束している」と述べた。

ロシア外務省は、緊張緩和に向けた最善の方法はNATOが東欧から部隊を引き揚げることだとする一方、軍事侵攻の懸念払拭にも努めた。同省報道官は「誰も攻撃するつもりはないと既に繰り返し述べている」とし、「戦争を考えることすら受け入れがたい」と述べた。

こうした中、バイデン米大統領はウクライナのゼレンスキー大統領と電話協議した。ゼレンスキー氏は「緊張緩和に向けた最近の外交努力について協議し、将来に向けた共同行動で合意した」とツイッターに投稿。ウクライナに対する金融支援の可能性についても意見を交わしたという。

<米中外相が会談>

一方、ブリンケン米国務長官は中国の王毅外相とウクライナ情勢を巡って電話で協議し、ロシアがウクライナに再侵攻すれば、世界の安全保障と経済にリスクが生じる恐れがあると強調した。

中国外務省によると、王外相は「関係各国が冷静さを失わず、緊張を高める行動を慎むべきだ」と発言。一国の安全保障が他国の安全保障の犠牲になってはならないとし、軍事ブロックの強化や拡大で地域の安全を保障することはできないと述べた。

ヌランド米国務次官は「ウクライナで衝突が起きれば中国にとっても好ましくない」とし、「ロシアに対する影響力を使って外交を促す」よう中国に求めた。

西側諸国はロシアがウクライナに侵攻すれば経済制裁を科すと警告しているが、ガス供給の約3分の1をロシアに依存する欧州連合(EU)と米国の間には立場の相違もある。

ロシアとドイツを結ぶ新たなガスパイプライン「ノルドストリーム2」について、ヌランド氏はドイツと協議を続けているとした上で「ロシアがウクライナに侵攻すれば、ノルドストリーム2はどのような形であれ前進しないとはっきり言っておく」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up