for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ東部の集合住宅にミサイル攻撃、15人死亡

[CHASIV YAR/キーウ(ウクライナ) 10日 ロイター] - ウクライナ当局によると、東部ドネツク州にある5階建ての集合住宅が9日夜、ロシア軍のロケット弾攻撃を受け、少なくとも15人が死亡し、24人ががれきの下に埋もれている可能性がある。

イエルマーク大統領府長官は通信アプリ「テレグラム」への投稿で、ロシア軍による「新たなテロ攻撃」だと非難し、ロシアをテロ支援国に指定すべきだと訴えた。

ロシア側は故意に民間人を攻撃していないと主張している。

一方、ロシア軍は同州スラビャンスク周辺のウクライナ側の拠点を攻撃したが、撤退を余儀なくされた。また、北東部ハリコフに向けて巡航ミサイルを撃ち込んだ。ウクライナ軍が明らかにした。死傷者の数は公表されていない。

ドネツク州と隣接するルガンスク州のガイダイ知事はロシア軍がスラビャンスクの東50キロにある村で集結している述べた。「周辺の集落を砲撃し、空爆を行っているが、ルガンスク全域を迅速に占領することはできていない」とした。

ロシアは先週末にルガンスク全域を掌握したと宣言。ルガンスク、ドネツクで構成するドンバス地域の制圧を目指している。

ロシア国防省は、ドネツクの町コンスタンチノフカの近くにある米国製りゅう弾砲「M777」を格納する施設を破壊したと発表。また、ロシアのメディアは親ロシア派幹部の話として、ウクライナ軍が北大西洋条約機構(NATO)標準の155ミリの砲弾でドネツクを攻撃し、民間人2人が負傷したと報じた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up