for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア、ウクライナ東部に近く大規模攻撃か マリウポリが焦点

[リビウ(ウクライナ) 11日 ロイター] - ウクライナは11日、ロシア軍がウクライナ東部の占領に焦点を移しており、近く新たな大規模攻撃を開始するとの見方を示した。

この日、ロシアを訪問し、プーチン大統領と会談したオーストリアのネハンマー首相は楽観的な感想を述べることはできないと指摘。「(ウクライナ東部での)攻撃が大規模に準備されているのは明らかだ」と述べた。

ウクライナ国防省は11日、ロシア軍はウクライナ東部のドネツク、ルハンスク両地域に対する再攻撃の軍備増強をほぼ完了したと発表。モツヤニク報道官は「まもなく両地域で戦闘が始まる」とし、ウクライナ軍には応戦する準備ができていると述べた。

米国防総省高官は同日、ロシア軍がウクライナ東部のドンバス地域で軍の補強と補給を開始した兆候を米国は捉えたと表明。ドネツクの北東で軍備を増強しているように見えるとしながらも、米国はこうした動きをドンバス地域に対する新たな攻勢の開始と見なしていないと述べた。

ロシアがドンバス地域で狙いを定めているのはマリウポリだ。ロシアがマリウポリを占領すれば、東側から侵攻する部隊とクリミアからの部隊を連携させ、東部のウクライナ軍を包囲することが可能になる。

ウクライナのゼレンスキー大統領は11日、ビデオを通じて韓国国会で演説し、ロシアの攻撃により南東部の港湾都市マリウポリでは何万人もの人々が殺害されたとみられると述べた上で、韓国に軍事支援を求めた。

<交渉のために戦争停止せず>

ロシアのラブロフ外相はロシア国営放送のインタビューで、ウクライナとの協議を継続しない理由はないとしながらも、交渉再開時にロシアは軍事作戦を停止しないと表明した。

2月下旬に行われた第1回目の和平交渉時はプーチン大統領が軍事行動の一時停止を指示したが、その後、ロシア政府の立場は変わったとし、「ウクライナが同様に対応しないと確信したため、次回の協議では、最終合意に達しない限り(軍事行動を)一時的に停止しないと決定した」という。

英国防省は、ウクライナ東部のドネツク、ルハンスク両地域でロシアの砲撃が続いていると発表。しかし、ウクライナ軍が一部反撃し、ロシアの戦車、車両、大砲などを破壊したという。

ロシア国防省は欧州からウクライナに供給された地対空ミサイルS300を10日に海上発射ミサイルによって破壊したと発表したが、米高官はドニプロの空港が攻撃されインフラの一部が破壊されたものの、S300がロシア軍に破壊された証拠はないとした。

ルハンスク州知事はテレビ番組で、同地域での砲撃が日に日に増えているとし、全市民に避難するよう訴えた。

ウクライナ東部のハリコフでは11日に激しい砲撃があり、子ども1人を含む複数の死傷者が出たと、市長がテレビのインタビューで述べた。

ドイツのベーアボック外相は、ルクセンブルクで開かれた閣僚会合に先立ち、ウクライナで戦争犯罪が行われている「大規模な兆候」が確認されたと述べた。

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、ロシア産原油の禁輸に関する提案を取りまとめている。アイルランド、リトアニア、オランダの外相が11日に明らかにした。ただ依然として合意はないという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up