for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア軍、ヘルソンで砲撃 ベラルーシから軍機発進との情報

 12月28日、ウクライナ軍によると、ロシア軍は28日未明までの24時間でウクライナ南部の要衝ヘルソンの非軍事目標に33発のロケット弾を発射した。写真はヘルソンで1日撮影(2022年 ロイター/Anna Voitenko)

[キーウ/バフムト(ウクライナ) 28日 ロイター] - ウクライナ軍によると、ロシア軍は28日未明までの24時間でウクライナ南部の要衝ヘルソンの非軍事目標に33発のロケット弾を発射した。

ロシア軍はヘルソン近郊のドニエプル川右岸の人口密集地を砲撃しているという。

ロシアは民間人への攻撃を否定している。

このウクライナ軍発表をロイターは独自に確認できていない。

ロシア軍はヘルソンを先月放棄。ウクライナにとってヘルソン奪還は最も重要な戦果の1つとなったが、ウクライナの軍事アナリストによると、ロシア側が攻勢を強めている。

ウクライナ当局によると、28日朝には全土で空襲警報が発令された。SNS(交流サイト)では、警報はベラルーシからロシア機が飛び立ったことを受けたものとの情報が飛び交っている。ロイターはこの情報を確認できていない。

英国防省の最新のウクライナ情勢分析によると、ロシア軍は、最近ウクライナ軍の攻勢に押されていたクレミンナの前線の立て直しを図ったもよう。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up