for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米独、ウクライナに戦車供与へ タブー破り戦況転換なるか

[ワシントン/ベルリン/キーウ(キエフ) 25日 ロイター] - 米政府は25日、ドイツに続きウクライナに主力戦車「エイブラムス」を供与することを決めた。ウクライナは対ロシア戦における転換点になりうる動きとして歓迎の意を表明した。

バイデン米大統領は25日、エイブラムス31両をウクライナに供与すると発表。これまで維持してきた反対姿勢を撤回し、ウクライナ支援で欧州との結束を鮮明にする。

米国は、エイブラムスは維持や管理が難しく、ウクライナ軍への訓練が困難という理由で供与に慎重な姿勢を維持していた。しかし、より操作性の高い「レオパルト2」提供を巡り独を説得するため方針を転換した。

バイデン大統領は独の決定を評価した上で、ロシア側の期待に反し、欧米の同盟国は「完全かつ徹底的に結束している」と言明した。

ウクライナは数カ月前から西側の主力戦車提供を要請してきた。

バイデン政権幹部によると、エイブラムスが供与されるまでには数カ月かかる見通し。米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官も、戦車がウクライナに到着するには数カ月が必要と述べた。

<勝利への道>

米政府は、ドイツに続きウクライナに主力戦車「エイブラムス」を供与することを決めた。ウクライナは対ロシア戦における転換点になりうる動きとして歓迎の意を表明した。昨年5月、ワシントンで撮影(2023年 ロイター/Elizabeth Frantz)

米ホワイトハウスは25日、バイデン大統領が独、フランス、イタリア、英国の首脳と電話会談を行い、ウクライナに対する支援で緊密に連携することを確認したと発表した。

独にはナチス時代の反省に立ち攻撃的兵器の輸出に大きな抵抗がある中、まず軍事備蓄から14両のレオパルト2を輸出することを決定。ポーランドなどのパートナー国が保有する同戦車の供給も認めた。

ショルツ首相は同国議会で「ウクライナ支援で常に最前線に立つ」と語った。

ウクライナのゼレンスキー大統領は米国の決定を米国の決定を「勝利への重要なステップ」とした上で、独にも感謝を表明。自由主義世界はウクライナの解放という「共通の目標の下、かつてないほど団結している」と述べた。

その後、恒例の夜のビデオ演説で、ウクライナ軍の戦力として戦車を供給するための鍵は、スピードと十分な数だと述べた。

また、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と話し、長距離ミサイルと航空機の供給を要請したと明らかにした。

<タブーが破られた>

米独の決定は、西側諸国にとってウクライナ支援における最後のタブーの一つを決定的に崩した。西側諸国はこれまで、核保有国ロシアを刺激することを恐れ、ウクライナに重火器を送ることに消極的だった。

ロシアは独の決定に激しく反発。ロシアのネチャエフ駐独大使は「この極めて危険な決定は、紛争を新たなレベルの対立に導く」とし、「すでに嘆かわしい状態にある両国の関係に取り返しのつかない損害を与えるだろう」と述べた。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up