for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州、冬場に電力不足も=IEA事務局長

 6月8日、国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は、ロシアのウクライナ侵攻で欧州のエネルギー危機が深刻化したことを受けて、次の冬場に欧州がエネルギー不足に直面する可能性があるとの見方を示した。インドのニューデリーで2018年4月撮影(2022年 ロイター/Altaf Hussain)

[コペンハーゲン 8日 ロイター] - 国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は8日、ロシアのウクライナ侵攻で欧州のエネルギー危機が深刻化したことを受けて、次の冬場に欧州がエネルギー不足に直面する可能性があるとの見方を示した。

事務局長はデンマークで開催されたエネルギー効率化に関する会合で「特に天然ガス市場を懸念している。厳しく長い冬となった場合、非常に困難な状況になる可能性がある」と発言。

政府・企業はエネルギーの代替調達源を探しているが、政府が需要を減らす対策を講じることも等しく重要だと指摘した。

欧州の消費者が部屋の温度を2度下げれば、200億立方メートルの天然ガスを節約できるという。これは「ノルドストリーム1」を通じてロシアから欧州に供給される天然ガスの量に匹敵する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up