for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏ロレアル、ロシア事業を一時停止 ウクライナ侵攻非難

仏化粧品メーカー、ロレアルは8日、ロシアの店舗を一時閉鎖し、同国への投資を停止すると発表した。写真は2020年2月、フランスのルバロア=ペレで撮影(2022年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 8日 ロイター] - 仏化粧品メーカー、ロレアルは8日、ロシアの店舗を一時閉鎖し、同国への投資を停止すると発表した。西側では、ウクライナ侵攻を受けてロシアで事業を停止する企業が相次いでいる。

ロレアルは、「ロシアのウクライナ侵攻と同国での戦争を強く非難する。この戦争でウクライナ人に甚大な苦しみがもたらされている」との声明を発表した。

同社によると、生産工場を含むロシアでの事業が年間売上高に占める割合は数%程度。

米国と英国および欧州連合(EU)が対ロ制裁を発動する中、ロシアで事業を行う企業には同国での活動停止を求める政治的圧力が強まっている。

ロレアルは、フランスおよびEU当局と完全に歩調を合わせていると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up