for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NATOロシア理事会、双方の相違埋まらず ウクライナ情勢巡り

[ブリュッセル 12日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)は12日、緊張が高まっているウクライナ情勢を巡り、ブリュッセルで2年ぶりに「NATOロシア理事会」を開催した。4時間にわたる協議後、ストルテンベルグ事務総長はウクライナを巡るNATO・ロシア間の相違を埋めるのは容易ではないと述べた。

ストルテンベルグ事務総長は記者団に対し「NATO加盟国とロシアとの間には大きな相違がある」と指摘。「相違を埋めるのは容易ではない。ただ、全てのNATO加盟国とロシアが同じテーブルを囲み、本質的なトピックスを議論したことは前向きな兆しだ」と語った。

その上で、ウクライナに対するロシアの武力行使は重大な政治的過ちであり、ロシアは高い代償を払うことになると警告。また、ウクライナのNATO加盟を決めるのはウクライナとNATOだけとの見解を改めて示した。

ストルテンベルグ事務総長は、NATOには軍備管理やミサイル配備などの問題でロシア側とさらに協議する用意があるとしたが、ロシア側は西側諸国はロシアが示している要求の緊急性を理解していないと非難。協議が長引くことを許容する用意はないとし、事態打開に向けた大きな進展は見られなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up