for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

G7、3月にロシア産原油上限の見直しで合意=米財務省

米国のアデエモ財務副長官は、G7当局者が3月にロシア産石油価格上限の見直しを行う方向で合意したと明らかにした。昨年11月、ドイツで撮影(2023年 ロイター/Wolfgang Rattay/Pool)

[ワシントン 20日 ロイター] - 米財務省は20日、主要7カ国(G7)当局者が3月にロシア産石油価格上限の見直しを行う方向で合意したと発表した。見直し時期は、ロシア産石油製品への価格上限設定実施後の市場の状況を評価する時間を確保するため、当初の予定よりも後ずれする。

G7とオーストラリア、欧州連合(EU)は昨年12月5日、ウクライナ侵攻を続けるロシアへの追加制裁として、ロシア産原油の上限価格を1バレル=60ドルとする措置を導入。さらに2月5日にロシア産石油製品に対し2種類の価格上限を設ける方針でも合意している。

同省はアデエモ財務副長官がG7当局者らと会談した後に声明を発表。「代表者らは石油精製品の取引価格が幅広いことから、この方法が精製品の価格上限政策をよりうまく調整できるとの見解で一致した」とした。

当初は上限導入から2カ月後の2月中に見直す計画だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up