for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア国債のCDS第一次入札、評価額は56.125セント

[ロンドン 12日 ロイター] - 12日に実施されたロシア国債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)第一次入札で決定された評価額は額面1ドルに対し56.125セントとなり、当初示された「基準仲値」の48.375セントを上回った。

一部のロシア債保有者は、額面価額の半値強となった第一次入札の評価額について、戦争の終焉が見えず、ロシアが数年にわたりデフォルト(債務不履行)に陥り、債務の支払いができなくなる可能性があるとの見方が反映されたと述べた。

入札を共同で実施するクレディテックス/マークイットの声明によると、第一次入札のオープン・インタレストは5億0240万ドルの「買い」超過となった。

声明によると、第一次入札の参加者はバークレイズ、シティグループ、クレディ・スイス、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、メリルリンチ、モルガン・スタンレー。

第二次入札で決定される最終的な評価額に基づき、債券の価値およびCDSの買い手が受け取る金額が決定される。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up