for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-ロシアとウクライナが軍事演習、緊張高まる

(情報を追加しました)

[モスクワ/キエフ 24日 ロイター] - ロシアとウクライナの緊張が高まる中、両国がそれぞれ軍事演習を実施した。

ロシアはウクライナの南に位置する黒海国境で演習を実施。北大西洋条約機構(NATO)の活動が活発化していることを理由に挙げた。

ウクライナもベラルーシとの国境付近で演習を実施した。

両国間の軍事活動の活発化は、過去数週間の緊張の高まりを受けている。戦争のリスクも指摘されるものの、ロシアは攻撃の意図を否定。西側の情報筋もロイターに、差し迫っての侵攻はないとみている。

ウクライナはNATOに加盟していないが、米国とその同盟国が支持を示唆。ロシアは、今月の黒海での戦艦の演習やウクライナ海軍への米国の巡視船納入の動きを挑発的ととらえている。

インタファクスによると、24日の黒海でのロシアの演習では、対戦車部隊や空挺部隊の演習などが行われた。

一方でウクライナは、ウクライナとの国境でドローン操作や対戦車訓練など「特別演習」を行った。ベラルーシとの国境には8500人の追加部隊が配置された。

ウクライナはロシアが国境付近に軍隊を集結させ、1月末か2月初めの軍事行動を準備していると指摘。ロシアはこれを否定している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up