for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プーチン氏が仏大統領と電話会談、NATO拡大回避で協議求める

 12月14日、ロシアのプーチン大統領(写真)は、マクロン仏大統領と電話会談し、北大西洋条約機構(NATO)による東方拡大を回避するため、直ちに西側諸国と対話したいという意向を伝えた。写真は5日ロシアの首都モスクワでの代表撮影(2021年/ロイター)

[モスクワ 14日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は14日、マクロン仏大統領と電話会談し、北大西洋条約機構(NATO)による東方拡大を回避するため、直ちに西側諸国と対話したいという意向を伝えた。ロシア大統領府(クレムリン)が明らかにした。

声明で「プーチン大統領は、NATOによる東方拡大と、特にウクライナを中心とする近隣諸国への武器供与がロシアにとって脅威で、この回避を法的に保証するため直ちに国際協議を行なうことが重要との見解を強調した」と説明した。

プーチン大統領は、先週行ったバイデン米大統領とのオンライン会談と、13日に行なったジョンソン英首相との電話会談でも同様の要求を伝えていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up