for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カザフスタン大統領、ウクライナ和平「集団的な」模索を呼びかけ

カザフスタンのトカエフ大統領(写真)は23日、ウクライナ和平を「集団的に」模索する時が来たとの考えを示した。 9月撮影(2022年 ロイター/Amr Alfiky)

[23日 ロイター] - カザフスタンのトカエフ大統領は23日、ウクライナ和平を「集団的に」模索する時が来たとの考えを示した。

トカエフ大統領は、アルメニアの首都エレバンで開かれたロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CSTO)」首脳会議に出席。会議後に「ウクライナ和平を集団的に模索する時期が来た。いかなる戦争も和平交渉で終わる。少なくとも停戦を実現するために、いかなるチャンスも逃してはならない」とし、「兄弟のようなロシア人とウクライナ人が、互いに癒えない傷を抱えたまま、何十年、何百年にわたり袂を分かつことがあってはならない」と述べた。

トカエフ氏は20日に実施された大統領選挙で圧勝し、2期目続投を決めた。これまでにロシアのプーチン大統領によるウクライナでの領土主張に公然と反対したことがある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up