for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ南部の親ロ派、ロシア編入要請へ ゼレンスキー氏は非難

ウクライナ南部ヘルソンの親ロシア派当局者が、年末までにロシアに編入するようプーチン大統領に要請する計画と、タス通信が11日報じた(2022年 ロイター)

[11日 ロイター] - ウクライナ南部ヘルソンの親ロシア派当局者が、年末までにロシアに編入するようプーチン大統領に要請する計画と、タス通信が11日報じた。

実現すれば、ロシアがウクライナに侵攻して以来、初の併合となる。

ロシア軍によって「解任」された同州のゲンナジー・ラグタ知事は記者団に対し、住民が望んでいるのは「早期の解放と祖国・ウクライナへの帰還」だけだと述べた。

ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロシアへの編入を巡っては住民が決定する必要があるとしつつも、クリミア半島併合と同様、明確な法的根拠が必要という考えを示した。

ウクライナのゼレンスキー大統領は11日深夜のビデオ演説で、「利敵行為者」の親ロシア派が愚かな発言をしていると非難。「しかし、占領者が何をしようが、何の意味もない。彼らにチャンスはない。われわれがわれわれの土地と国民を解放することを私は確信している」と述べた。

一方、親ロシア派当局者はロシア通信(RIA)に対し、ロシア編入を巡る住民投票を行うことはないと表明。「クリミアで法に基づいて行われた住民投票が世界で受け入れられていないことを考えると、絶対的重要性を持つものではない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up