for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア、原油上限価格「受け入れず」 対応を検討=大統領報道官

ロシア大統領府のペスコフ報道官は3日、主要7カ国(G7)と欧州連合(EU)、オーストラリアが合意したロシア産原油の上限価格を1バレル=60ドルとする追加制裁について「受け入れない」と表明し、対応策を検討していると述べた。国営タス通信が報じた。写真は4月12日、ナホトカ湾で撮影(2022年 ロイター/Tatiana Meel)

[3日 ロイター] - ロシア大統領府のペスコフ報道官は3日、主要7カ国(G7)と欧州連合(EU)、オーストラリアが合意したロシア産原油の上限価格を1バレル=60ドルとする追加制裁について「受け入れない」と表明し、対応策を検討していると述べた。国営タス通信が報じた。

ロシアはこれまで、上限価格を導入する国には石油を供給しないと繰り返し述べてきた。ロシアのミハイル・ウリヤノフ在ウィーン国際機関常駐代表は3日、「今年から欧州はロシアの石油なしで生活することになる」と交流サイトに投稿し、こうした方針を改めて示した。

G7の上限価格導入は、EU域外国がロシア産原油の輸入を海上輸送で継続することを認めているが、価格が上限を下回っていない限り、海運や保険、再保険会社がロシア産原油の貨物を扱うことを禁止するもの。このため、協定に参加していない国でも上限を超える価格のロシア産原油を出荷するのは難しくなる可能性がある。

ロシアのウラル原油は2日、1バレル=約67ドルで取引された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up