for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア原油、欧州禁輸でアジア向け輸出増加 中国・インドが大口顧客

 1月17日、ロシア産原油のアジア向け輸出が昨年末以来活発になっている。写真は石油タンカー。ナホトカで昨年12月撮影(2023年 ロイター/Tatiana Meel)

[17日 ロイター] - ロシア産原油のアジア向け輸出が昨年末以来活発になっている。欧州は昨年12月5日から海上輸送によるロシア産原油の域内輸入を禁止したが、トレーダーやリフィニティブのデータによると、バルト海の港からアジアに向けて輸出されている。

バルト海沿岸のウストルガ、プリモルスク両港から1月前半に輸出されたロシア産原油は310万トンで12月前半の230万トンから35%増えた。

アジア向けは27%増加し280万トン。市場関係者によると主要な買い手はインドと中国。船から船に積み荷を移し替えるSTS(ship-to-ship)といった新たな輸送方式や大型タンカーの利用によって輸出の採算が向上する公算という。

トレーダーや追跡情報によると、中国が所有する大型タンカー少なくとも4隻がロシア産原油を中国へ運んでいる。

1月前半のアジア向けのSTS輸送量は60万トン。12月前半は50万トンだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up