for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペプシコ、ロシアで生産停止 発表から半年

9月20日、米飲料大手ペプシコは、ロシアで炭酸飲料「ペプシ」「マウンテンデュー」「セブンアップ」の製造を中止したことをロイターに明らかにした。写真は9日、モスクワの商店に並ぶペプシなどのボトル(2022年 ロイター/Evgenia Novozhenina)

[ニューヨーク/モスクワ 20日 ロイター] - 米飲料大手ペプシコは、ロシアで炭酸飲料「ペプシ」「マウンテンデュー」「セブンアップ」の製造を中止したことをロイターに明らかにした。

同社はロシアのウクライナ侵攻を受けて、3月初旬にロシアでの販売・生産を停止すると発表していたが、ロイターの調査によると、その後もペプシコ製品の販売は続き、モスクワなどのスーパーやジムで販売されている缶やボトルには7─8月にロシア国内で生産したことが記載されていた。最も新しい日付は8月17日だった。

同社の広報担当は今月8日、ロイターに対し、ロシア国内でペプシなどの原液の生産を中止した後「ロシア国内の全ての原液がなくなり、生産が終了した」と説明。「3月の発表に沿った措置だ」と述べたが、販売状況についてはコメントを控えた。

生産停止発表後も生産が続いたことで、モスクワのほか、ウラジオストクやシベリアのクラスノヤルスクでも、ペプシコ製品は今なお広く流通している。モスクワのジム経営者は8月中旬にペプシを発注したという。

食品・飲料は西側諸国の対ロシア制裁の対象ではないが、一大市場であるロシアからの撤退の難しさが浮き彫りになった。ペプシコにとって、ロシアは昨年時点で米国、メキシコに次ぐ第3の市場だった。

複数のビールメーカーも生産停止を発表したが、モスクワでは今夏も外国産のビールの在庫が販売されていた。ライバルのコカコーラも3月の事業停止発表後、ロシアでの生産が続いた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up