for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、ロシアの偽情報流布を警告 ウクライナ侵攻の口実に=国務省

[ワシントン 16日 ロイター] - 米国務省のプライス報道官は16日、ロシア当局者がウクライナ侵攻の口実となるような情報を報道機関に広めており、多くの誤った主張が拡散していると警告した。

さらに、ウクライナ国境近辺に集結しているロシア軍部隊は減少するどころか増加し、戦闘態勢に入りつつある様子とし、ロシアによるウクライナ侵攻の可能性が低下していないことを懸念していると述べた。

ウクライナ東部のドンバス地域で「ジェノサイド(民族大量虐殺)」が起きたとするプーチン大統領の主張を米国は懸念しているほか、米政府とウクライナ政府がドンバス地域などで使用する生物兵器もしくは化学兵器を開発しているという情報は「全くの虚偽」と言明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up