for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシアGDP成長率予測、22年はマイナス8.5%に下方修正=S&P

 3月28日、S&Pグローバルは、ロシアの2022年の国内総生産(GDP)成長率見通しを従来から11%ポイント以上引き下げ、マイナス8.5%とした。写真はモスクワのビル群。2017年1月撮影(2022年 ロイター/Maxim Shemetov)

[28日 ロイター] - S&Pグローバルは、ロシアの2022年の国内総生産(GDP)成長率見通しを従来から11%ポイント以上引き下げ、マイナス8.5%とした。ウクライナでの紛争による影響を考慮した。また、ポーランドおよびトルコの成長率見通しも1%ポイント以上引き下げた。

基本前提として「紛争は22年第1・四半期および第2・四半期に、コモディティー市場、サプライチェーン(供給網)、投資家および消費者の信頼感に最も深刻な影響を与える」とし、その影響は緩和していくものの、年後半や来年にかけてくすぶるとした。

欧州の新興国が貿易、金融、信頼感などを通じて最も影響を受けるほか、エネルギー価格の高騰により多くのエネルギー輸入国も打撃を受けるという。

成長率見通しはポーランドで1.4%ポイント引き下げ3.6%、トルコで1.3%ポイント引き下げ2.4%、南アフリカで0.5%ポイント引き下げ1.9%とした。ロシアは従来のプラス2.7%からマイナス8.5%に引き下げた。

S&Pは「金融、貿易、技術への制裁が組み合わさって、グローバル化された大規模な経済に科されたことは過去になく、その影響がどの程度になるのかを予測する材料はほとんどない」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up