for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ4地域併合の受け入れ必要、和平案巡りロシア大統領府

ロシア大統領府(クレムリン)は28日、ウクライナでの紛争を終わらせるための和平案について、ウクライナの4地域がロシアに加わったという「新しい現実」を考慮する必要があると表明した。戦死したウクライナ兵の葬儀、キーウで27日撮影。(2022年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

[モスクワ 28日 ロイター] - ロシア大統領府(クレムリン)は28日、ウクライナでの紛争を終わらせるための和平案について、ウクライナの4地域がロシアに加わったという「新しい現実」を考慮する必要があると表明した。

ロシアはウクライナと西側諸国が非難した「住民投票」を経て、9月にウクライナのドネツク、ルガンスク、へルソン、ザポロジエの併合を宣言。ロシアはこの4地域のいずれも完全には支配していない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up