for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領の「戦犯」発言で2国間関係崩壊の危機、ロシアが米大使召喚

3月21日、ロシア外務省は米国のサリバン駐ロシア大使を召喚し、バイデン大統領が先週にウクライナ侵攻を巡りプーチン大統領を「戦争犯罪人」と述べたことを受け、米・ロシアの2国間関係は崩壊の危機に瀕していると警告した。写真は2018年8月、ワシントンのロシア大使館で撮影(2022年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 21日 ロイター] - ロシア外務省は21日、米国のサリバン駐ロシア大使を召喚し、バイデン大統領が先週にウクライナ侵攻を巡りプーチン大統領を「戦争犯罪人」と述べたことを受け、米・ロシアの2国間関係は崩壊の危機に瀕していると警告した。

外務省は声明で「米大統領によるこのような発言はふさわしくなく、ロシアと米国の関係を崩壊の危機にさらしている」と述べた。

さらに、このようなロシアへの敵対的な行動に対し、「決定的かつ確固たる措置」に直面するとも警告した。

シャーマン米国務副長官はMSNBCとのインタビューで、ロシア外務省が発表したとされる声明について、「プーチン大統領がいかに絶望的になっているのかを示している」と語った。

米国務省のプライス報道官は、サリバン大使がロシア当局者と会合したことを確認。しかし、米国がバイデン大統領の発言を支持するという認識を伝えたかどうかは言明しなかった。

プライス報道官は、とりわけ「紛争時」にロシアとの対話のチャネルを維持することが重要と米国は確信しているとし、「モスクワで外交的プレゼンスの維持に努めており、ロシアもワシントンに同様のプレゼンスを維持することを望む」と述べた。

また報道官によると、サリバン大使は会合で、国際法に基づき、ロシアに拘束されている全ての米国人に対する大使館・総領事館のアクセスを認めるよう要求した。

ロシアでは現在、少なくとも3人の米国人が拘束されており、うち1人は東京五輪の女子バスケットボールで金メダルを獲得した米国代表のブリトニー・グライナー選手で、今月初めに拘束された。ニューヨークからモスクワの空港に到着時、荷物チェックで「大麻オイルと液体」が含まれるカートリッジを所有していたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up