for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ議会、非常事態宣言を承認

ウクライナ国家安全保障・国防会議のダニロフ書記は23日、全土に非常事態宣言を発令する方針を示した。(2022年 ロイター/Antonio Bronic)

[キエフ 23日 ロイター] - ウクライナ議会は23日、全土に非常事態宣言を発令することを承認した。国家安全保障・国防会議のダニロフ書記は、ゼレンスキー大統領の提案を踏まえ、全土に非常事態宣言を発令する方針を示していた。親ロシア派が実効支配する東部の「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」には2014年から非常事態が宣言されており、今回はそれ以外の地域が対象となる。

宣言の期間は30日間。さらに30日の延長が可能。

宣言の草案によると、予備役の移動制限や大規模な集会やストライキの禁止、情報やメディアの報道規制、個人の文書検閲などが含まれるほか、必要に応じ夜間外出禁止が発出される可能性がある。

またウクライナ軍は23日、予備役の招集を開始したと発表した。予備役の招集は大統領令を受けたもの。

声明によると、対象は18歳から60歳で、服務期間は最長1年。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up