for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ、ロシア工場閉鎖へ アフターサービスは継続=産業貿易省

[モスクワ 23日 ロイター] - ロシア産業貿易省は、トヨタ自動車がロシア工場の閉鎖を決定したと発表した。

トヨタは、サプライチェーンの混乱を受け3月にサンクトペテルブルク工場での生産を停止し、完成車の輸入も停止した。

産業貿易省によると、トヨタは従業員に対しあらゆる社会的責任を果たし、追加的な支払いを確実に実施する方針。また「トヨタ」ブランドおよび高級車「レクサス」ブランドのアフターサービスは継続し、ディーラー網を維持するとしている。

サンクトペテルブルク工場は、ロシア国内市場向けに「カムリ」と「RAV4」を生産し、年間生産能力は10万台。産業貿易省の発表に先立ち、ロシア紙コメルサントは関係者情報として、同工場が将来的に売却される可能性があると伝えていた。

産業貿易省は、同省および地方当局が工場のある場所の開発に向けた検討を進めていると説明した。

トヨタはコメントを求めたが、現時点で返答はない。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up