for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ穀物輸出「回廊」設置、「理にかなう」=トルコ外相

[アンカラ 8日 ロイター] - ロシアのラブロフ外相は8日、訪問先のアンカラでトルコのチャブシオール外相とウクライナからの穀物輸出について協議した。協議後、チャブシオール氏は、ロシアが封鎖している黒海に穀物運搬船が航行できる「回廊」を設置する国連の案は「理にかなう」との見方を示した。

ラブロフ外相は協議後の共同記者会見で「ウクライナの港から(トルコ海域に向けて)航行する船舶の安全を保証する用意があると、ロシアは毎日のように表明している。ロシアにはトルコと協力して実施する用意がある」とし、ウクライナが機雷除去を巡る問題への対応を拒否していることが主要な障害になっていると述べた。

チャブシオール外相は、ウクライナから穀物を輸出するための安全な航路の確保に世界各国が協力する必要があるとし、国連、ウクライナ、ロシア、トルコが関与する国連の案は「理にかなう」との考えを示した。

トルコは北大西洋条約機構(NATO)加盟国であると同時に、 ロシアとウクライナの双方と良好な関係を維持。仲介者の役割を果たしているが、ウクライナの穀物取引業団体のトップはこの日、安全を保証するにはトルコは力不足との見方を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up