for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ、複数の政府高官が辞任 大統領府副長官や国防副大臣

[キーウ 24日 ロイター] - ウクライナ大統領府のティモシェンコ副長官ら複数の政府高官が24日、辞任した。今後数日間でさらに人事に関する決定が行われるとみられている。

シモネンコ副検事総長とシャポワロウ国防副大臣の辞任も明らかになった。

大統領府はティモシェンコ氏の辞表を受理したと発表した。理由は明らかにされていない。

33歳のティモシェンコ氏はゼレンスキー大統領の選挙戦に携わり、2019年から大統領府副長官を務めていた。ロシアによる侵攻時に複数のスポーツカーを運転していたとして国内メディアから批判されていたが、同氏は不正を否定している。

ウクライナ検事総長はシモネンコ氏が解任されたと発表した。「本人の希望」という。ロシアと戦争中にもかかわらず、正月にスペインで10日間の休暇を家族と過ごしていたとメディアで報道されていた。

またシャポワロウ氏は、国防省が食料品を高額で購入していたとの報道を受けて辞表を提出した。国防省は、疑惑は事実無根だが、同氏の辞任は国防省への信頼維持に役立つ「価値ある行為だ」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up