for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナは核兵器入手を模索、阻止する必要=ロシア外相

Russia's foreign minister Sergei Lavrov addresses the Conference on Disarmament with a pre-recorded video message in Geneva, Switzerland, March 1, 2022. Fabrice COFFRINI / Pool via REUTERS

[ジュネーブ 1日 ロイター] - ロシアのラブコフ外相は1日、ジュネーブ軍縮会議で、ウクライナが核兵器を入手しようとしていると述べ、現実的な危険で阻止する必要があると主張した。

ラブコフ氏は事前録音された演説で「ウクライナはソ連の技術と核兵器を搬送する手段を有している」と指摘し「この現実的な危機への対応を怠ることはできない」と訴えた。

ウクライナのクレバ外相は同会議で、ロシアのウクライナに対する爆撃は戦争犯罪だと非難し、ロシアの侵略と大量破壊兵器に対処するための特別会議の開催を求めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up