for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシアによるウクライナ侵攻の脅威「非常に高い」=米大統領

[ワシントン/モスクワ 17日 ロイター] - バイデン米大統領は17日、ロシアによるウクライナ侵攻の脅威は「非常に高い」としつつも、外交的な解決の門戸はなお開かれているという認識を示した。

バイデン大統領は「ロシアがウクライナに越境する用意が整っているあらゆる兆候を確認している」とし、ウクライナ侵攻が「近日中に起こる可能性がある」という考えを示した。

ロシア通信(RIA)によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は、バイデン大統領の発言が緊張を煽っていると非難した。

バイデン大統領はまた、ロシアのプーチン大統領と電話会談する計画はないとした。

さらに、ロシアはウクライナ国境近辺から軍隊を撤収しておらず、米国にはロシアがウクライナ侵攻を正当化する口実とする「偽旗作戦」を展開していると確信する十分な理由があると強調した。

同時に、外交的解決は依然可能とし、ブリンケン米国務長官が「道筋を示す」と述べた。

ブリンケン国務長官は17日、ウクライナ情勢に関する国連安全保障理事会の会合で演説し、ロシア軍が「数日中」にウクライナに対する攻撃を開始する用意を整えていることを米当局の情報が示していると警告。その上で「ロシアはきょうにも、飾りや曖昧さ、偏向なく、ウクライナを侵攻しないと表明することが可能だ」と言明した。

こうした中、ロシア政府は米国に文書を送り、米・北大西洋条約機構(NATO)の同盟国が1月に拒否した安全保障に関する要求を改めて表明。RIAによると、ロシア外務省はミサイル施設の相互査察について協議を進める用意があるという考えを初めて示した。

同時に、米国務省の報道官によると、ロシア政府は在ロシア米大使館のバート・ゴーマン次席公使を追放した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up