Reuters logo
米ウクライナ首脳が会談、米財務省は対ロシア制裁の強化を発表
2017年6月21日 / 04:16 / 5ヶ月後

米ウクライナ首脳が会談、米財務省は対ロシア制裁の強化を発表

[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、ウクライナのポロシェンコ大統領とホワイトハウスで首脳会談を行い、ウクライナ東部の紛争の平和的解決に向けた支援を表明した。ただ、ロシアの関与については言及しなかった。

 6月20日、トランプ米大統領は、ウクライナのポロシェンコ大統領とホワイトハウスで首脳会談を行い、ウクライナ東部の紛争の平和的解決に向けた支援を表明した。(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

ホワイトハウスは声明で、両首脳が主に紛争の平和的解決、ポロシェンコ大統領の改革課題と反汚職への取り組みに対する支援について協議したと発表した。

ホワイトハウスはまた、ペンス米副大統領とポロシェンコ大統領の会談後に声明を発表。ペンス氏が、ウクライナ東部の停戦を定めたミンスク和平合意の履行を米国が引き続き支援していくと強調したことを明らかにした。

ポロシェンコ大統領はティラーソン米国務長官やマティス米国防長官とも会談。「ウクライナの国家主権、領土保全、独立に対して米国側から強い支援を得た」と述べた。

一方、米財務省は20日、ロシアによるクリミア半島の併合を支援したとして、ロシア当局者2人と36の個人・団体を制裁リストに追加したと発表した。

財務省は「クリミア半島に関連する米国の制裁は、ロシアが同半島の占領を終えない限り解除しない」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below